日本の伝統の味を伝えるイシイのおせち料理2018

ご注文承り期間
2017年12月20日(水)まで
お届け日
おせち:2017年12月30日(土)・31日(日)
単品:2017年12月21日(木)〜31日(日)
  • こだわり抜いた素材
  • 安心の無添加調理
  • だしのとり方が味の決め手

こどもにさらりと答えたいギモンその1 なんでお正月におせちを食べるの?

昔から日本では、その土地の食べ物を神様へお供えし、その後お供えした物を食べていたの。
なぜかと言うとね、神様と同じものを食べることによって、
神様に守ってもらえると信じられてきたからなの。
おせち料理も同じで、神様にお供えする食べ物が「御節供(おせちく)」とよばれていて、
それが省略されて御節(おせち)と言われるようになったんだって。
お正月は新しい年の始まりだから、家族がよい1年を迎えられるように願いながら食べる
大切なお料理なのよ。

こどもにさらりと答えたいギモンその2 どうして箱に入っているの?

この箱は「お重箱」って言ってね。
箱が積み重なっているのは「福を重ねる」「めでたさが重なる」
という意味があると言われているの。
上から壱の重、弐の重、参の重と言って、
入れるお料理は地方やお家によって少しずつ違いがあるんだって。
お客様がきた時にもそのまま出せたり、重ねてしまったりできるから、
準備する時間もかからないので、
大切な1年の始まりをゆっくり過ごせるような工夫がされているのよ。

重箱

こどもにさらりと答えたいギモンその3 なんでこういう料理なの?

例えばね…
黒豆はまめ(勤勉、健康)に暮らせるように。
たつくりは、もともと田植えの肥料としてまいていたから、
作物がたくさんできるように。
栗きんとんは、黄金色の丸い小判みたいだから、
お金がたまるように。
昆布巻のこぶは「よろこぶ」、巻くは「結ぶ」で、
人と人が親しく結ばれるように。
こんなふうにおせち料理は食べ物それぞれに、
いろいろな願いが込められているんだって。

えび 長生きしますように 黒豆 まめ(勤勉・健康)に暮らせますように 栗きんとん 金運・勝負運が上がりますように
イシイの

日本の伝統のおいしさを届けたい。
わたしたち石井食品は、
素材選びから調理まで、
ご家族一人ひとりの笑顔を思い浮かべながら
ひとつひとつ丁寧に、
心を込めておせちをつくりました。

産地へ赴き素材を見極める

新年の始まりを祝う大切な「おせち料理」を安心してお召し上がりいただくために、
国内屈指の産地から素材を選び、吟味・厳選しております。
中でも、栗と黒豆に特にこだわり、
直接農家に赴き、育成状況や品質の検査・確認を行っております。
お料理一品一品につながる大切な素材選びを、
およそ20年(無添加調理スタートより)に渡りこだわり続けております。

無添加調理という手間を惜しまない製法

保存料を使わない無添加調理で1月3日まで美味しく召し上がれるよう、徹底した衛生管理と温度管理のもと製造を行っております。
特に素材の鮮度を保つための工夫は、素材の仕入れ段階から始まります。
着色料を使わずに、鮮やかな色で華やかな「おせち料理」を実現することは非常に難しい取り組みです。 2012年までは一部のかまぼこや黒豆等で天然着色料を使用しておりました。
現在は、赤ピーマンピューレを練り込んだかまぼこを使用するなど更なる工夫を凝らし、無添加調理を追求しております。
これらの製造工程は非常に難しいため、同じ価値観を持つパートナー企業と共に研究を重ね、無添加調理の「おせち料理」を実現しています。

だしのとり方が味の決め手

当社の味作りは、鰹節を削るところからこだわっています。
カツオ、アゴ、マグロ、昆布、鶏ガラ、すべて調理する直前に
だしを取ることで、鮮度が高く美味しい味を引き出しています。
厳選したこだわり素材の本来の味や、食感など自然の恵みを
最大限に引き立たせるために、だしや味付けを大切にしています。
毎年お客様からのアンケートを元に、
おせちに最適な素材選びとそれに合う味の改良を重ねています。

日本の伝統

日本の伝統のおいしさをご家族で

祝春華いわいしゅんか

3〜4人分 37品目

祝春華(いわいしゅんか)

団欒のひとときに、日本の伝統のおいしさを。
料理研究家・城戸崎 愛 氏が監修した
新春にふさわしく縁起の良い和のおせちです。

お子様からご年配の方まで皆様でお召し上がりいただけるやさしい味付け、多彩な品目を盛り込んでいます。新年のお膳は日本の大切な文化のひとつ。お子様にどうしてこうした料理をいただくのか、ぜひいわれを語りながら、皆様でお楽しみください。

監修 料理研究家・城戸崎 愛 氏
監修 料理研究家・城戸崎 愛 氏
1925年神戸市生まれ。料理研究家。NHKの「きょうの料理」に出演し、四季折々の家庭のおかずを、わかりやすく紹介。「すべての鍵は食生活にあり」と食の大切さを唱える。テレビ、ラジオ、雑誌などで幅広く活躍。

壱の重

祝春華 壱の重
かぶのあちゃら漬(かぶの甘酢漬)

城戸崎 愛 氏おすすめメニュー

かぶのあちゃら漬(かぶの甘酢漬)

味も形もよいと評判の千葉県産のかぶに唐辛子を加え、ピリッと辛みの効いたゆず風味の甘酢漬けに仕上げました。

たたきごぼう

ごぼうのように根を深くはる

たたきごぼう

近畿地方においては神饌のごぼう料理が発展し、正月料理になったと言われます。国産のごぼうを使った食感のよい一品です。

にしん昆布巻

一家の幸せと子孫繁栄を祈る

にしん昆布巻

にしんを北海道函館産真昆布で巻き、食感よくじっくり炊き上げました。

紅白かまぼこ

日の出を象徴するものとし元旦に食す

紅白かまぼこ

歯触りの良さが特長の「小田原かまぼこ」です。化学調味料や保存料、着色料を使用せず赤ピーマンピューレを使い紅白にしました。

たつくり

田をたがやす=豊作を願う

たつくり

今年獲れた片口いわしを直火で香ばしく炒りつけました。

くるみの甘露煮

硬くて割れないことから家庭円満に

くるみの甘露煮

くるみの風味と食感を生かしながらじっくりと焙煎しました。お酒のおつまみにもなる一品です。

栗きんとん

金運・勝負運が上がります

栗きんとん

国産の栗を皮剥きから甘露煮まで一貫して国内で調理。無漂白・無着色の栗を鹿児島県産さつまいも餡に絡めた、やさしい味です。

丹波黒種黒豆煮

まめに働く=元気に働けますように

丹波黒種黒豆煮

重曹を使わず、時間をかけてふっくら柔らかく炊き上げました。黒豆本来の自然の色合いと風味が生きています。

伊達巻

巻物=学問向上を願う

伊達巻

栃木県産の卵を使い、一本ずつ丁寧に手巻きした伊達巻です。まろやかな口あたりと、程よい甘さの一品です。

海老の姿煮

腰が曲がるほど長寿を願う

海老の姿煮

おせちを華やかに彩る海老を、醤油をベースにじっくりと煮あげました。

弐の重

祝春華 弐の重
小海老甘露煮

腰が曲がるほど長寿を願う

小海老甘露煮

茨城県霞ヶ浦産小海老を使ったほどよい甘みの甘露煮です。お酒との相性も良く、おつまみとしてもお召し上がりいただけます。

海老団子

腰が曲がるほど長寿を願う

海老団子

粗挽きにした海老を使った食感のよい一品です。柚子風味ソースで仕上げました。

サーモン燻製オイル漬

お酒の肴に良い一品

サーモン燻製オイル漬

北海道産鮭を使い、風味豊かに燻製に仕上げました。お酒にも合う一品です。

にしん笹奉書

子孫繁栄。子宝を願う

にしん笹奉書

にしんの甘露煮を湯葉でまいて笹で包み、奉書に見立てています。見た目よし、味よしの人気の一品です。

紅白なます

紅白2色で縁起が良い一品

紅白なます

国産の大根・にんじんを使用。昆布だしを加えることにより酸味を生かしながらも、まろやかな味わいに仕上げました。

こはだ酢漬

こはだ=出世魚。出世を願い食す

こはだ酢漬

おせちには欠かせないこはだの酢漬けです。脂がのった国産こはだを酢でしめました。

酢だこ

「多幸」と書き、幸せを意味する

酢だこ

酢だこは元来、関東より北側で食べられていました。適度な酸味でミョウバンを使用せず塩もみで柔らかくした酢だこです。

いくら醤油漬

子孫繁栄。子宝を願う

いくら醤油漬

北海道産の新鮮ないくらを厳選し、醤油で漬け込みました。張りのある粒が口の中ではじける食感をお楽しみください。

さわら柚庵焼

春を知らせる縁起物

さわら柚庵焼

脂がのった鰆を使用した焼き物です。柚子の香りがさわらのおいしさを引き立て、上品な味に仕上げています。

味付け数の子

子孫繁栄。子宝を願う

味付け数の子

鰹だしとまぐろだし二種類の味をきかせて、醤油の風味を生かした味付けになっています。

あわび煮

身が長く伸びる=末永く幸せを願う

あわび煮

天然あわびを使った一品です。現地で生きたままボイルし、やわらかい食感に煮あげました。

参の重

祝春華 参の重
鶏しんじょ

城戸崎 愛 氏おすすめメニュー

鶏しんじょ

国産若鶏に味噌を練り込み、醤油だれにからめた一品です。お子様にも人気のメニューです。

紅芋ごま団子

古来より健康に良い食材として人気

紅芋ごま団子

白ごまの風味を生かした、さつま芋ペーストと小豆あんの練り菓子です。甘味にもピッタリです。

紫花豆煮

まめに働く=元気に働けますように

紫花豆煮

北海道産の花豆。紫花豆は高級菜豆とされています。無添加調理でもじっくりと柔らかく炊き上げました。

豚の角煮

とんとん拍子に上手くいくように

豚の角煮

国産豚バラ肉を自家製甜麺醤(テンジャンユ)を使い、香り豊かに仕上げました。

揚げ鶏のねぎソース

城戸崎 愛 氏おすすめメニュー

揚げ鶏のねぎソース

国産鶏肉のももを使用。ねぎも国産を厳選し惜しみなくたっぷりと香味豊かに仕上げました。

七宝煮

煮物は七宝煮。縁起の良い食べ物

七宝煮

国産素材を使用。椎茸はシンプルに調理し、その他の食材は枕崎産本枯節からだしを取り、素材の風味を生かし炊き上げました。

さつま芋れもん煮

ゆたかな生活が送れるように願う

さつま芋れもん煮

徳島県産さつま芋(鳴門金時)をほどよく甘く煮含めました。

若桃甘露煮

子孫繁栄。子宝を願う

若桃甘露煮

山形県産の若桃を使用。種がないので、そのまま食べられ、お子様にも人気の一品です。

だし巻玉子

玉子は祝い肴の一つ。縁起物の食事

だし巻玉子

国産卵と鰹だしの風味を生かし、関東風の味付けで仕上げています。お子様でも食べやすい甘口に仕上げています。

※美味しさと安全のため、一部メニューが袋やカップに入る場合がございます。
※写真は盛り付け例です。
※原材料の事情により内容・産地が変わる場合がございます。

商品番号:811251

祝春華いわいしゅんか

3〜4人分 37品目

  • お届け日:12月30日・31日
  • 消費期限:1月3日(要冷蔵)
  • お届け形態:重詰め(和風3段重・紙製)
  • お重サイズ:縦19.9×横19.9×高さ16.8cm

18,000円(税込19,440円・送料込)

配送・お支払い方法について

日本の伝統のおせちを
2〜3人で楽しむ

豊春(ほうしゅん)
重詰め

豊春ほうしゅん

2〜3人分 32品目

12,000円(税込12,960円)

詳しく見る
初夢(はつゆめ)
重詰め

初夢はつゆめ

2人分 24品目

10,000円(税込10,800円)

詳しく見る

ママといっしょに
おせちを盛り付けて
みよう!

ひとつひとつに多幸の願いが込められた1年の始まりにふさわしい「おせち料理」。是非、お子様と一緒にいわれなどを伝えながら楽しく盛り付けてみませんか。お皿や盛り付けを工夫してお宅だけのオリジナリティーあふれる「おせち料理」が楽しめます。
お子様が喜ぶ素敵なお正月を是非お過ごしください。

お皿に盛り付けVer.

近日動画公開予定 お楽しみに!

お重に盛り付けVer.

近日動画公開予定 お楽しみに!
おうちで盛付け
袋詰め

おうちで盛付け

3〜4人分 14品目

7,870円(税込8,500円)

詳しく見る

その他にも
バラエティ豊かなおせちを
取り揃えています

日本の伝統+洋中

絢爛(けんらん)
重詰め

絢爛けんらん

4〜5人分 41品目

25,000円(税込27,000円)

詳しく見る
結(ゆい)
重詰め

ゆい

3〜4人分 34品目

18,000円(税込19,440円)

詳しく見る
昇(しょう)
重詰め

しょう

2〜3人分 30品目

12,000円(税込12,960円)

詳しく見る

中華

牡丹(ぼたん)
重詰め

牡丹ぼたん

3〜4人分 20品目

15,000円(税込16,200円)

詳しく見る

食塩不使用

千鶴(ちづる)
袋詰め

千鶴ちづる

2〜3人分 12品目

6,000円(税込6,480円)

詳しく見る

食物アレルギー配慮

のぞみ
重詰め

のぞみ

2〜3人分 26品目

14,000円(税込15,120円)

詳しく見る
かなえ
袋詰め

かなえ

2〜3人分 14品目

6,300円(税込6,804円)

詳しく見る

単品商品も
たくさん取り揃えて
おります

詳しく見る